• 共済組合のしくみ
  • 短期給付
  • 長期給付
  • 福祉事業
  • 各種申請書ダウンロード

ホーム共済組合のしくみ > 掛金と負担金

共済組合のしくみ

共済組合のしくみ

短期給付

長期給付

福祉事業

各種申請書ダウンロード

こんなとき、こんな手続き

アルペンローゼのご案内

各指定医療機関

歯科医療機関

レクリエーション施設

契約保養所

えらべる倶楽部

メニュー

メニュー

掛金と負担金

掛金と負担金

共済組合の3つの事業(短期給付、長期給付及び福祉事業)に必要な費用は、「組合員の掛金」と「地方公共団体の負担金」によって賄われており、その割合は次のようになっています。

<掛金> <負担金>
短期給付 短期分 50% 50%
介護分 50% 50%
長期給付 厚生年金保険 50% 50%
基礎年金 1/4 1/4 公的負担分1/2
退職等年金 50% 50%
経過的長期 負担金 100%
福祉事業 50% 50%
(注) 長期給付に必要な費用のうち、公務による障害・遺族の年金に要するものは、退職等年金給付に含まれます。
また、基礎年金の給付に要する費用については、公的年金制度全体で公平に、基礎年金拠出金として負担。
この拠出金に必要な費用のうち、2分の1は掛金・負担金の中から負担し、残りの2分の1は公的負担として地方公共団体が負担します。

掛金及び負担金は、組合員の資格を取得した日の属する月から組合員の資格を喪失した日の属する月の前月までの間納入していただくこととなっています。

掛金及び負担金は、標準報酬の月額を基準として算定(期末手当等は実支給額)しますが、掛金の基準となる標準報酬の月額及び標準期末手当等の額の最高限度額(負担金も同様)は、短期給付(福祉事業を含みます)に係るものと、長期給付に係るものとで次のとおり別々に設けられています。

区分 29年度 全組合員
短期給付及び
福祉事業
標準報酬の月額 1,390,000円
標準期末手当等 5,730,000円(年度を通じて)
長期給付事業 標準報酬の月額 620,000円
標準期末手当等 1,500,000円

掛金及び負担金の徴収率

→ 平成29年度組合員の掛金率及び地方公共団体等の負担金率

短期給付の掛金と負担金

組合員及び被扶養者の皆さんが病気、出産、死亡した場合等に給付金を支払うための資金(高齢者医療制度への支援金等及び退職者給付拠出金の支払いに必要な費用を含む)です。

なお、全国市町村職員共済組合連合会で行っている特別財政調整事業(構成組合間における著しい短期給付掛金率の格差を調整するための事業)の拠出金を払い込むための資金として調整負担金を地方公共団体等に負担していただいており、この掛金・負担金の率は、その年度の収支状況によって見直しを行うことがあります。

 平成29年度の特定保険料率(高齢者医療を支えるために共済組合が支払う支援金等が、組合員の標準報酬総額のどの位にあたるのかを千分率で表したもの)は、48.44‰です。

介護掛金と介護負担金

介護保険法に基づき、40歳以上65歳未満の第2号被保険者の組合員の方に負担していただきます。

負担割合は年度によって変わることがあります。

(1) 介護保険の被保険者について〔40歳以上の方(組合員・被扶養者)が対象となります。〕

第1号被保険者 65歳以上の方
第2号被保険者 40歳〜64歳の方
39歳以下の方は介護保険の被保険者になりません。

(2) 組合員が負担する介護掛金の負担方法について(年齢によって異なります。)

65歳以上の方 短期給付掛金→共済組合(給料から控除)
介護保険料→市町村(年金からの特別徴収または普通徴収)
40歳〜64歳の方 短期給付掛金+介護掛金→共済組合(給料からの控除)

第2号被保険者に該当する被扶養者の方からは、介護保険の掛金は徴収しません。

(3) 介護保険の適用除外について

40歳以上65歳未満の方でも次の方については、当分の間、介護保険の被保険者から除外されます。

国内に住所を有しない方(海外居住者)
身体障害者療養施設などの入居者

ただし、共済組合へその旨の届出が必要となります。

長期給付の掛金と負担金

組合員の皆さんが退職されたり在職中の病気やケガがもとで障害の状態になった時、または、不幸にして亡くなられた場合に年金等を支払うための資金です。

共済年金は平成27年10月から厚生年金に統一され、10月以降は厚生年金保険給付にかかる組合員保険料・所属所負担金として負担いただくこととなりました。その他一元化に伴い廃止された職域相当部分は「年金払い退職給付」として掛金・負担金が新たに発生したほか、既裁定の公務上年金にかかる公務財源は地方公共団体の負担となりました。

基礎年金拠出金については給付実績により率を定めることとされており、必要な費用のうち2分の1は掛金・負担金として負担するとともに、2分の1は公的負担として地方公共団体が負担することになっています。

長期給付に係る保険料率の引上げ

平成16年10月から、長期給付に係る保険料率は、地方公務員と国家公務員を合わせた公務員年金制度として計算されており、平成21年9月からは、地方公務員共済年金と国家公務員共済年金の保険料率についても一本化されています。

保険料率は、毎年3.54/1000ずつ引き上げられ、平成27年10月に行われた被用者年金制度の一元化以降は1・2階部分の保険料率として、平成30年に厚生年金の上限である183/1000で統一されます。

掛金の率と負担金の率を合わせた率

この表は横にスクロールできます。

(単位:千分率)
区分 28年9月〜 29年9月〜 30年9月〜
保険料率
(総報酬ベース)①
176.32 179.86
(+3.54)
183.00
(+3.14)
保 組
険 合
料 員
標準報酬の月額及び標準賞与額に対する割合
(①×50/100)
88.16 89.93 91.5

福祉事業の掛金と負担金

組合員及び被扶養者の皆さんの健康増進、福利厚生のために使用する資金です。負担割合は年度によって変わることがあります。

事務費負担金

短期給付及び長期給付の事務等を共済組合で行うための諸費用で、全額地方公共団体に負担いただいています。短期経理と長期経理において一部費用を繰入れ、充当しています。

繰入れの額は、短期経理については事務に要する費用を折半した額に25%を乗じた額、長期経理については同様に40%を乗じた額となります。

掛金と負担金の納入方法

組合員の掛金(保険料)は、各所属所において毎月の給料及び期末手当等から控除し、地方公共団体等の負担金と合わせその月の末日までに組合に払い込むことになっています。

産前産後休業期間中の掛金と負担金の免除

組合員の皆さんが任命権者から特別休暇の産前産後休暇として承認された期間(出産の日以前42日から出産日の後56日までの期間)について、申し出により掛金及び負担金が免除されます。

標準報酬の月額 免除対象期間 産前産後休業を開始した日の属する月から産前産後休業が終了する日の翌日の属する月の前月までの期間
免除となる掛金と負担金 短期・長期・福祉及び介護
免除とならないもの
(公的負担分等)
  • 育児・介護休業手当金拠出金に係る公的負担分
  • 短期給付調整負担金
  • 基礎年金拠出金に係る公的負担分
  • 経過的長期経理に係る負担金
標準期末手当等の額 掛金と負担金の取扱 期末手当等の支給日の属する月の末日が出産の日後56日までの間にあり、かつ産前産後休業期間中であれば免除。
免除とならないもの
(公的負担分等)
期末手当等が支給される場合、給料と同様、公的負担分等は免除となりません。
ただし、支給がない場合はこれらも免除となります。
掛金免除申出方法 産前産後休業を取得している組合員は所属所の共済事務担当課に申し出て、「産前産後休業掛金免除申出書」等を提出してください。
掛金免除期間に係る退職共済年金等の年金額の算定 掛金が免除された期間も年金額の算定の基礎期間となります。

育児休業期間中の掛金と負担金の免除

組合員の皆さんが育児休業等に関する法律及び地方公務員の育児休業等に関する法律に基づき、育児休業の承認を受けて育児休業をしている場合には、申し出により掛金及び負担金が免除されます。

標準報酬の月額 免除対象期間 育児休業を開始した日の属する月から育児休業が終了する日(または当該子が3歳に達する日)の翌日の属する月の前月までの期間
免除となる掛金と負担金 短期・長期・福祉及び介護
免除とならないもの
(公的負担分等)
  • 育児・介護休業手当金拠出金に係る公的負担分
  • 短期給付調整負担金
  • 基礎年金拠出金に係る公的負担分
  • 経過的長期経理に係る負担金
標準期末手当等
の額
掛金と負担金の取扱 期末手当等の支給日の属する月の末日が子の3歳の誕生日前で、かつ育児休業期間中であれば給料と同様に免除。
免除とならないもの
(公的負担分等)
期末手当等が支給される場合、給料と同様の公的負担分等は免除となりません。
ただし、支給がない場合はこれらも免除となります。
掛金免除申出方法 育児休業を取得している組合員は所属所の共済事務担当課に申し出て、「育児休業にかかる掛金免除申出書」等を提出してください。
掛金免除期間に係る老齢厚生年金等の年金額の算定 掛金が免除された期間も年金額の算定の基礎期間となります。

任意継続掛金

1. 任意継続掛金

任意継続掛金は、下表により①、②のいずれか低い額となります。

また、介護保険第2号被保険者(40歳から64歳)の方にあっては、任意継続掛金の他に介護掛金の納付が必要となります。

退職時の標準報酬の月額A×掛金率(注1)
共済組合の平均標準報酬の月額(注2)×掛金率
(注1) 掛金率は短期給付に要する負担金率と掛金率を合算した率です。
平成29年度の任意継続掛金率 93.60/1000 、介護掛金率 13.36/1000
(注2) 平成29年度の平均標準報酬の月額410,000円
任意継続組合員に対する給付は、任意継続掛金の基礎となる標準報酬の月額により算定します。

【例】組合員最終掛金の基準となった標準報酬の月額が500,000円の場合

500,000円(退職時標準報酬の月額)>410,000円(平均標準報酬の月額⇒410,000円で任意継続掛金を計算します。

410,000円×93.60/1000=38,376円(1か月の掛金)

介護掛金については「介護掛金と介護負担金」の(1)の②第2号被保険者に該当する方のみ徴収します。

2. 任意継続掛金の納入方法

①自動払い…銀行口座から毎月引き落とす方法

(注) 前納による割引制度は適用になりません。

②告知書納入…共済組合から発行された納入告知書により納入する方法

(注) 告知書納入のうち、毎月払いの納入方法については、前納による割引制度は適用になりません。

3. 任意継続掛金の前納割引制度

①対象となる前納方法

②前納した場合の割引
割り引きは、1か月の掛金額に【別表】の複利現価法の割引率(Aの率)を掛けて計算します。
ただし、任意継続組合員の資格を取得した月については、前納割引の対象になりません。

【例】3月31日に退職し、4月1日に任意継続組合員の資格を取得した場合

○組合員退職時の標準報酬の月額 500,000円

○共済組合の平均標準報酬の月額 410,000円

○任意継続掛金の納入方法 年1回払い(前納割引制度該当)

●任意継続掛金の基礎となる標準報酬の月額
500,000円>410,000

410,000円が任意継続掛金の基礎となる標準報酬の月額

●払い込む任意継続掛金額(年1回払い)
(1か月分の掛金額 410,000円×93.60/1,000=38,376円(円未満切り捨て))
・年1回払いの掛金額
 38,376円(4月分)+(38,376円×10.7869636) =452,337円(円未満四捨五入)

5月分〜翌年3月分までの11か月分を前納割引

∴460,512円(毎月払いの年間払込み額)>452,337円により8,175円割引されます。

→ 任意継続組合員に係る標準報酬等級表 兼 掛金早見表【平成29年4月〜平成30年3月まで】

→ 【別表】複利現価法の割引率

→ 任意継続組合員への給付等一覧表